エッチを動物学的に解釈する

 

エッチ学

 

人類の繁栄はエッチの快楽があるからこそでうす、もしもエッチが苦痛を伴うものであれば、今ほど地球上に人類は増えてはいなかったでしょう。

 

ある哲学と生物学の本には、エッチに快楽があるのは猿人以上の知能を持った種族で、環境に自分を捕食する生物がいないことが条件だとされています。

 

自分を捕食する可能性がある生物が近くにいると、その生物は外の世界にとても注意を払わないといけません。

 

しかし、そのような生物がいなくなると、今度は同じ種族内での競争が始まります。

 

例えば、食料や地位それに性交など、生きていく上でのすべての欲求が競って手に入れなければならなくなります。

 

これは、その種族がこの環境を守るために、よりよい能力を持つものだけを生き残らせるための神様のプログラムだという学者もいます。

 

そうしないと、能力の劣るものも増え続けてしまい、その種族全体の能力値の平均が下がってしまい、また捕食される立場に戻ってしまうかもしれないからです。

 

また、昆虫などのエッチにも快楽を伴ってしまうと、昆虫の数が今の地球上に収まりきらないほどになってしまうと考える学者もいます。

 

現在、魚や昆虫など捕食される生物は一度にたくさんの卵や子供を産みますが、エッチをするのは産卵期や繁殖期だけです。

 

一年中エッチを行うのは、エッチに快楽がある生物だけで、その目的は繁殖だけではありません。

 

もしも、このエッチに対する快楽のプログラムが書き換わるだけで、地球は昆虫が支配する惑星にすぐに変わるかもしれません。

 

このようなことを知っていると、自身の性欲の悩みも哲学的にとらえることができて心落ち着かせることができるかもしれません。